岡村風俗

今さらながら岡村隆史さんの発言について真剣に考えてみた

コロナショックで、風俗業界は本当に大きな打撃を受けました。

そんな中、お笑い芸人の岡村隆史さんが自身のラジオ番組「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」内で、

「コロナが明けたら美人さんが風俗嬢やります」

と発言したことが大きな話題になりました。

ある意味で風俗業界とコロナにまつわる一番のトピックスとなったこの炎上騒動。今さらですが、この発言について僕なりの考えを伝えようと思います。

なぜ岡村隆史さんの発言は叩かれたのか。

「コロナが明けたら美人さんが風俗嬢やります!(遊ぶ側からしたら嬉しい!)

女性からしたら笑いごとでは済まないことを喜ばしい出来事に聞こえるように言ってしまったのが、叩かれてしまった原因でしょう。実際に面接の場でも、自分の境遇を話すうちに思わず泣きだしてしまう子や、割とヘビーな話に慣れている面接官の僕でも「それはまず警察に相談したほうが良いのでは…」と思ってしまうほどのキツい状況の子が面接に来ることも。

いくら風俗好きな岡村さんでも、そんなデリケートなことを公共の電波で無邪気に喜んでしまうのは良くない。炎上の原因はこんな感じかな?と思います。

大昔の学者も、岡村隆史さんと同じことを言っていた。

岡村さんの炎上とともに、「ウエイトレス美人指数」という用語もにわかに取り上げられるようになりました。

「ウエイトレスの容姿が良ければ良いほど、その国は経済的には危機的状況にある」というもの。

れっきとした経済指標として何年も前から提唱されていたようです。岡村隆史さんの発言と、あまり大差ない発言のような気もしますよね。そう考えると、岡村さんの発言は、不適切ではありますが間違ってはないのかも…

実際どうなのかは、風俗の現場を見てみるのが早いでしょう。

岡村隆史さんの発言は、間違いなのか。

実際に風俗業界の現場では岡村隆史さんの発言のように、女性が風俗業界に飛び込んできているのでしょうか?

結論から言うと、「NO」です。

コロナの影響などで、お金や仕事に困って夜のお仕事にどんどん面接にきているような事実はありません。ただ、以前風俗で働いていた方の復帰や、紹介などは少し増えてきたように思います。正直なところ正確な情報は分らないのですが、完全な「NO」ではなく、「今のところはNO」なのかもしれません。

コロナの影響だとしても女性は、風俗を選ばない。

実は、コロナの影響で「お昼の仕事を辞めました」「バイトのシフトに入れない」という声は非常に多く聞こえてきます。ここ数年ではありえなかった異常事態であるのは、間違いないでしょう。

それなのに岡村隆史さんの発言通り「美人さんが風俗嬢になって」いない理由は何なのでしょうか。あくまで推測ですが、以下のことが挙げられると思います。

 ・ステイホームの徹底で、生活費が最小限で済んでいること

 ・自粛要請により飲食店やクラブ、ライブなど費用のかかる遊びが減った。

 ・そもそも「風俗で働く」という選択をしない。

コロナで仕事も生活も厳しいけれど、ステイホームや自粛をしっかり守り、家に引きこもっていた。ということですかね…自粛解除されて経済もゆるやかに動きはじめましたから、これから大きく状況が動いていくのかもしれません。

果たして岡村隆史さんは「予言者」になるのでしょうか?

岡村風俗
最新情報をチェックしよう!