風俗の面接って、実際どんな感じで行うの?

風俗の面接ってどんな感じなんですか?と聞かれることが非常に多いです!
まったく経験のない方でも安心いただけるように、
面接がどんな感じで行われるのか説明したいと思います!

風俗の面接に必要なものは?

「風俗の面接に必要なもの」ですが、面接だけであれば手ぶらで大丈夫!
まず話を聞いてお仕事するかしないか考えるだけでしたら、
何も持ってこなくても大丈夫です。
正直な話、面接してお仕事すると決めるまでは
住所や電話番号、本名も教えてくれなくても大丈夫です!

お仕事をする日までには、あなたが18歳以上であることを証明できる書類
(パスポートや本籍地入りの住民票)が必要になりますので、
面接した当日、条件が合えばそのままお仕事したい!
(業界ではこれを即日体験入店とか、体入と呼びます)
という場合はこれらの書類を用意してくださいね。

どんな人が面接するの?

実際に面接を行うのは求人部門のメンバーや店舗の責任者がほとんどです。
おそらく世間一般に想像しているよりも、
はるかに優しい感じの人が多い(はず)です。
世にこれだけ風俗店があふれている状況で、
面接に来ただけの方を無理矢理働かせるようなお店はまずありません。
むしろお店からしても、活躍できる良い女性に「選ばれたい」
と思って面接している部分もありますよね。
これまでたくさんの女性と面接してきましたが、
それでも良い女性が面接したのに入店に至らないと、
今でも正直落ち込みますね笑

どんなことを聞かれるの?

こちらから聞くのは、どれくらいの金額をいつまでに稼ぎたいのかだとか、
どのくらいのペースで働きたい(稼ぎたい)か、
今までの業界経験の有無やどんなお店で働きたいか、
なぜ数あるお店の中から僕たちのお店に注目してくれたのか、
など緊張をほぐしながら聞いていく感じですね。

初対面の人間にこんなこと話していいのかな?と
ブレーキをかけてしまう方が多いのですが、
家族や友人には絶対に言えないような悩み、苦しみも
ちゃんと話してくれた方がいいな、と思っています。
その目標に合わせて稼げるようにしますので。
「ギャンブルで借金があって」
「ホストの売掛がいくらあって」とか、
せっぱつまった話こそ、ちゃんと話してほしいですね。

面接してから断れるの?

女性のほうからも、お店のことをどんどん聞いてほしいと思います。
・具体的なお仕事・サービスの内容
・お給料の詳細
・自分の希望シフトとどのくらい稼げそうか
・どんなお客様が多いか、どんな女性が活躍しているか
条件が合わない、お店のコンセプトや仕事内容が合わない、
面接官がなんかいやな感じ…
そんな時はもちろんその場で断ってください。
断ってめちゃくちゃ怒り出すような面接官はそうそういませんし、
そんなお店は断って正解だと思います。

まとめ

いかがでしょう、これを読むことで少しは面接に対しての不安が
和らいだら嬉しいです!
「面接」と構えすぎずに、「相談」くらいの気持ちでのぞむといいと思います!

最新情報をチェックしよう!