風俗掛け持ち

風俗と掛け持ちするのにピッタリの昼職とは?

風俗と昼職、2つの仕事を掛け持ちするのはそう簡単なことではありません。

そのなかでも、うまく掛け持ちできる可能性の高い昼職の条件とはなんでしょうか。

うまくやりくりしている女性のお仕事を見ていると、いくつかの共通点が見えてきました。

勤務時間が長くない、残業が少ない仕事

当然のことですが、休日出勤や残業が多い昼職だとなかなか風俗で働ける時間が取れません。

急な残業などがあれば風俗は当日欠勤や遅刻になってしまいますから、

予約キャンセルなどお客様に迷惑をかけてしまうことになります。

出勤が不安定だと、お店やお客さんからも見放されてしまうのも時間の問題。

ですので、職種は何であれ残業の有無と休日出勤の有無は確認したほうが良いでしょう。

体力的負担が少ない仕事

風俗のお仕事には、肉体労働的な側面もあります。

体も心も使いますので、昼職で疲れ切っているとお客さんに満足いくサービスを提供できなくなってしまう可能性があります。

癒されたい、楽しみたいと思って遊びに来るお客様の前に、ぐったりやつれた顔で登場するわけにはいかないですよね…

特に事務職やクリニックの受付などの内勤職は、掛け持ちしやすい仕事と言えるでしょう。

将来につながる仕事

風俗の仕事は一生続けられるものではありませんし、その経験を生かせる場も限られてしまいます。

風俗を卒業した後のことも考えて、知識や経験を積めるような昼職についている女性は、

昼職ではキャリア面を充実させる!風俗では金銭面を充実させる!という目的意識から

どちらのお仕事も前向きにすすめられることが多いです。

自分のネイルサロンをオープンするために、ネイリストと風俗を掛け持ちしていた女の子。

不動産系の会社で働きながら風俗で働き、宅建資格を取得した女の子。

意外といろんな職業の女の子がいるものです!

風俗と昼職を掛け持ちするメリットまとめ

風俗と昼職との掛け持ちは、金銭的にもキャリア的にも有利です!

でも、どっちつかずになってしまうのは一番避けたいところ。

スケジュール的にも体力的にも実現可能かどうか、ちゃんと見極めたうえで掛け持ちするのがいちばんです!

風俗掛け持ち
最新情報をチェックしよう!