処女でも風俗

風俗未経験どころか、男性経験なし…処女でも風俗で働けるの?

「男性経験なしでも働けますか…」面接の際にこう言われること、意外と多いです。実際に処女の子でも風俗で働けるのか、そしてどんなお店なら活躍しやすいのか、説明しますね。

もちろん処女でも大丈夫、業種は慎重に選ぼう!

男性経験がない女の子の場合、「処女のまま働けるのか」「処女でも活躍できるのか」が大きなポイントになってくるでしょう。本番行為のないヘルスとはいえ、プレイで責められることが多いとなるとまだ体が未開発な子は不安で仕方ないと思います。まずは無理なく働ける業種を選ぶのが大切になります。

まずはオナクラが最適!

手でのサービスがメインで、下を触られることもほとんどないオナクラは、処女の子でも活躍しやすい風俗のひとつと言えるでしょう。他のジャンルに比べて、手コキをマスターすれば大丈夫なのも、初心者が活躍しやすい要因のひとつです。デメリットとしては、コースが短いことが多いのと、ライト風俗なのでたくさんのお客様を相手にするか、オプションを追加するかしないとまとまった金額を稼ぎにくいことが挙げられます。

エステ系はどうなの?

こちらもオナクラ同様責められることが少ないですので、処女の子でも働きやすいジャンルではあります。エステ系は性的なサービスがあるエステと、そうでないエステとに分かれますので注意しましょう。

  • 性的なサービスがあるエステ

「性感エステ」「抜きありエステ」と呼ばれます。風営法の届出をして、風俗店として運営していることがほとんどです。

  • 性的なサービスがないエステ

「メンズエステ」や「メイドリフレ」がこれにあたります。通常のマッサージ店として運営されていますが、お客様によっては性的なサービスを要求してきたり、逆にそれがウリでお客さんが集まっているお店もあります。もちろん無届ですので、その手の店はいつ摘発されてもおかしくありません。

エステ系はオナクラよりはお給料のベースも高く長い時間のお客様も多いですが、稼げる日とそうでない日の波が大きいジャンルでもあります。

ヘルスは処女には無理?

責められることもあるヘルスは、処女のまま働くには少しハードルが高そうに思えますが、お店がしっかりサポートしてくれる体制なら大丈夫。お店の方がお客様に処女であることをHPや店頭などで説明して、理解して遊んでもらえるのであれば問題ありません。オナクラやエステに比べるとお給料も高いですので、学校との両立で短時間で稼ぎたい子には向いているでしょう。ただ、やはり指入れなどのリスクもありますし、リップや素股などマスターすることが多いのも事実なので、体験入店などの制度を活用して自分に合っているか見極めてほしいと思います。

まとめ

負担を考えると、まずはオナクラスタートがおススメ!でもどのジャンルも性的なサービスだけでなく、疑似恋愛を求めに来るお客様もいらっしゃるので、テクニックよりもおもてなし精神が高い子が処女、非処女関係なく稼げます!

処女でも風俗
最新情報をチェックしよう!