男性

風俗店員に転職すると身につく意外なスキル

ひと昔前の風俗店員といえば、ちょっと怖くてアブないイメージの方もいらっしゃるかもしれません。意外と今はそうでもなくて、割と普通の子が多いです。パっと見不動産賃貸の営業マンと見分けがつかないくらいには、シュッとしてきていると思います。というのも、今の風俗業界は案外ビジネススキルを要求されるのです。誰でもできると思って飛び込んでみたら、意外とフツウに「ためになる」スキルが身に付くメリットがあるのです。

交渉・調整能力が身につく

このお仕事、まずは女性の出勤がスムーズに集められなければ売り上げに繋がりません。お店に在籍する数十名の女性の今の状況を把握して、売上を最大化できるようにシフト管理していく必要があります。人材派遣業のコーディネーターや、コールセンターのSV的な動きが求められるのです。必然的に何十名のスタッフを動かす調整力が身についていきます。

PCスキル、まずはネット関係

現在の風俗業界は、お客さん、特に新規のお客さんの呼び込みで圧倒的に多いのがネット経由の集客。自店舗のHP更新、山のようにある外部サイトの更新で基本的なPCスキル、ネットの知識はひと通り鍛えられます。さらにメルマガひとつ打つにしても、より効果の高いHTMLメールを活用することが多いです。Twitterの運用を行う店舗も増えましたので、SNSマーケティングの基礎も身に付きます。そこそこのECサイトのプロモーション担当であれば、そのまま転職しても活躍する人材が溢れているのが風俗業界です。

画像処理系もお手の物

もうひとつ大切なPC系のスキルが、女性のパネル写真のレタッチや修正、イベントバナーの作成など画像作成のスキルです。Photoshop、illustratorは各店舗のPCに絶対インストールされているものです。大手グループなどは社内に専門部署があって一括で担当していたりしますが、急な入店などすぐに画像処理を行わないといけない局面が多いので、自分でできるようになっていきます。ちょっとした販促ポスターくらいならすぐに作れるくらいの人材もゴロゴロ溢れているのが風俗業界です。

数字の計算も必要に

店舗で重要なポジションを任せられるとともに、数字に対する意識が身についていきます。客数×客単価-必要経費=利益という数式は他の販売・サービス系業態と同じでしょう。月ごとのイベント施策などで打ち手がビタッとはまり、一気に売上が伸びることも多いですので、立地次第のチェーン系サービス業等よりははるかにやりがいがあったりします。販サ系の店長経験ある方は活躍しやすいですし、逆に将来自分で何かしらのお店をやろうという方にも、おススメできる仕事です。

いかがでしょう。20代で風俗業界に飛び込んで、そのまま上に上がるものももちろんいますが、一般企業に転職して意外な活躍を見せるものも。「店舗運営」に関わるたくさんのスキルが身につくので、意外と「潰しがきく」仕事なんですよね。

男性
最新情報をチェックしよう!