就活には夜のアルバイトが最適

就活対策には夜のアルバイトが最適?意外と身につくスキルの数々

コロナショックが就職活動に与える影響は非常に大きく、先日も大手アパレルメーカーが内定取り消しを行ったということでニュースを騒がせていました。就職活動中、もしくは来年以降に就活を予定している女の子にとっては悩ましいことでしょう。そんな就活女子におススメなのがキャバクラや風俗のアルバイト。その理由とは一体どんなものでしょうか。

就活は時間とお金がかかるもの

就職活動中はとにかくお金がかかるもの。証明写真やリクルートスーツを揃え、面接のたびにかかる移動交通費。特に地方在住の女の子にとって、いちばんのネックが交通費です。新幹線で東京まで行って1泊2日で3社ほど説明会に参加してまた帰る…なんて生活が続くわけですから、当然お金もかかります。

期間中アルバイトも休みがちになってしまいますから、時間の融通が利かないバイトは辞めなければなりません。「お金がかかる、働く時間もない」が就活女子についてまわる悩みです。

短期高収入はとにかく助かる

就活女子にとって、短期高収入、しかも日払いのアルバイトは一番助かる存在。夜だけ、週末だけキャバクラやラウンジ、風俗で働いて就活と両立する女の子は思っている以上に多いです。就活に集中するためにも、効率の良いアルバイトでストレスを軽減したいですよね。

「業界研究」「面接対策」も完璧に!

夜の街のお客様は、お金に余裕のある方が多いです。企業の経営者や人事など幹部クラスがゴロゴロ。夜職で働いていれば、就職の面接官やそれ以上の役職の人と毎日会話できるようになります。

社会的に地位がある人と、どうやって話を合わせていくか。聞き方や相槌の打ち方、ほめ方、そして話を合わせるのに必要な一般常識。夜の世界で営業スキルを磨いていけば、いつの間にか面接でも臆せずに話せるようになるものなのです。

また、業界地図てきな参考書や就活セミナーでは知ることのできない、リアルな業界のハナシを知ることもできるかもしれません。知らなかった業界に興味を持つことができ、自分の世界を広げる可能性もあり得るわけです。

まとめ

就職活動中にできるアルバイトは、本当に限られています。就職活動が終わったら、卒業旅行の費用も気になるところ。「あの時夜のアルバイトしていて良かった」という人、結構多いです。悔いのない学生生活を送るためにも、自分に合った夜職を検討してみてはいかがでしょうか!

就活には夜のアルバイトが最適
最新情報をチェックしよう!