私って水商売、風俗に向いているの?水商売向きの性格徹底分析

私って水商売、風俗に向いているの?水商売向きの性格徹底分析

キャバクラ、ラウンジや風俗、ソープ。いま現在働いている女性も、これから働こうと思っている女性も、「自分に向いているかどうか」考えることがあるでしょう。どんな性格が向いていて稼げるのでしょうか。

水商売に向いている性格1.
明るくて前向き

男の人が遊びに行こう、行きたいと思う心の裏側には、独り身の寂しさや仕事での気疲れなど、マイナスな感情が少なからず存在します。そんな男性を癒すのは、やはり明るさや笑顔です。自分の感情や体調に左右されすぎず、人に元気を与えるような女性には、自然とお客様が寄っていくものです。根っから明るくて楽観的な必要はありません。実は暗い子、ストレスを抱えがちな子でも明るく振る舞えればしっかりと稼いでいける印象ですね。

水商売に向いている性格2.
切り替えが早い

さきほどの「明るい」という要素と似通った部分がありますが、切り替えの早さは重要です。お客様を立てて接客しますので、もちろん神経をすり減らすお仕事。愚痴を言いたくなるのは日常茶飯事、病んでしまうこともあるでしょう。それでもスパッと切り替えられる変わり身の速さは必要です。ある意味鈍感くらいの性格のほうが稼げるかもしれません。

最近特に気を付けなければいけないのはSNSや写メ日記でしょうか。演じきれない、切り替え切れないタイプの女性がここでぶちまけたり、闇を見せたりしますが、いつしかボディブローのように集客に効いてきてしまうことは忘れずにいた方がよいでしょう。

水商売に向いている性格3.
聞き上手

お仕事を始めた当初は、とにかく沈黙が怖いという女性が多いと思います。間をつなぐためにも、どうしても自分の話をしがちなところですが、お客様の話を聞ける女性のほうが圧倒的に稼げる傾向にあります。

自分の話を聞いて聞いて!構って!のスタンスで押し切れるのは20歳くらいまででしょうか。特に水商売が長くなれば長くなるほど水商売や風俗以外の社会経験が少なくなりますので、自分語りがつまらなくなりがちなのに気づかないでしまう女性が多いです。社会経験豊富なお客様の話を聞くことで勉強、成長できる謙虚さは必要です。

水商売に向いている性格4.
いい意味でずる賢い性格

「ずる賢い」と言うと言葉は悪いですが、仕事として、商売としてお金を稼いでいける賢さは絶対に必要です。お金を稼ぐにはやはりお客様の求めるものが何かを考え、そのニーズに自分を近づけて見せていく賢さが大切です。

ありがちなのが、「自分は自分」をはき違えて、変に男っぽさを売りにしてみたり、風俗の仕事なのに「Hなことは好きじゃないんです」なんてお客様に言ってしまったりすること。プライドが邪魔したり、ぶっちゃけることが格好いいと思ってたりするのでしょうが、お客様のニーズとは真逆なのでそりゃ指名ないよね、と思います。仕事上だけでもぶりっ子してみた方が世界が変わるかもしれないのに。

いかがでしょうか。他にもいろいろな要素がありますが、やはりお客様。男性が求めるものは何かが冷静に考えられる人が抜きんでていける業界だと思います。

私って水商売、風俗に向いているの?水商売向きの性格徹底分析
最新情報をチェックしよう!