痛客

風俗のしんどいお客様「痛客」あるある3選|対策方法とともに紹介

風俗やパパ活をしていると、生理的に受け付けない「痛客」にあたることもあるでしょう。しかしあなたが遭遇した痛客は、みんなが共感する「あるある」かもしれません。
本記事では、風俗やパパ活の痛客あるあるを紹介します。痛客に遭遇した場合の対策方法も解説しているので、風俗やパパ活をしている女性はぜひご一読ください。

風俗やパパ活の痛客あるある

それではさっそく、風俗やパパ活の痛客あるあるをみていきましょう。

本気で惚れてくる

風俗やパパ活において、恋人のような接し方をするのは常套手段です。しかしそれに対し、本気で惚れてくる男性も稀にいます。自分に惚れた相手は「太客」として収入の基盤にもできますが、風俗やパパ活のお客さんがストーカー化するパターンもあるので、ちょっと怖いですよね。

対策

自分に本気で惚れている相手は、太客として上手くキープするのが理想です。しかし恐怖を感じるほど惚れられてしまった場合は、風俗ならお店に相談して出禁、パパ活なら連絡を断つなど、相手を突き放すことも検討しましょう。

風俗やパパ活をしている理由を聞いてくる

「何で風俗なんてしてるの?」という質問に対しては、回答したくない人の方が多いでしょう。特に借金や浪費癖などの理由がある場合は、尚更言いたくないですよね。知ったところで何も生まれない話なのにも関わらず、なぜか風俗やパパ活をしている理由を聞いてくる男性は多いです。
h4:対策

風俗やパパ活をしている理由を答えたくない場合は、あらかじめ適当な回答を用意しておきましょう。「学費のため」や「貯金のため」など無難な回答をすれば、相手は詮索してきません。

体臭がひどい

男性の体臭の原因は加齢や不衛生など、さまざまです。風俗やパパ活ではお金をもらっている以上、最後まで一緒にいる必要があるので、体臭は苦痛でしかないですよね。

対策

残念ながら体臭は、お金をもらっている以上は最後まで我慢するしかありません。しかし次回会うときまでに、男性に体臭予防を実施してもらうことはできます。ストレートに伝えるのは相手を傷付けるので、以下のように遠回しな言葉を選びましょう。

「私〇〇な匂いがする人好きなんだよね〜!例えば△△の香水とか!」
「最近〇〇ってボディソープ使い始めたんだけど、すごく良いよ!男女関係なく使えるから、試してみて!」

【まとめ】風俗やパパ活で稼ぐ際は痛客に注意を!

風俗やパパ活においては、少なからず痛客が存在します。大切なのは、痛客に遭遇した際の対策方法を心得ておくことです。
本記事で紹介した対策方法を参考に、風俗やパパ活で稼ぎましょう。

痛客
最新情報をチェックしよう!