口コミについて

悪い風俗口コミを書かれたら、風俗嬢はどう対応すべき?対策方法を紹介

「匿名サイトに悪い風俗口コミを書かれてしまった…。」
悪い風俗口コミは一度目に入るだけで、どうしても気になってしまいますよね。自分への悪い風俗口コミを見て、風俗嬢を辞めたくなった人もいるでしょう。
本記事では、悪い風俗口コミを書かれたときの対策を解説します。悪い風俗口コミで悩む風俗嬢の人は、ぜひご一読ください。

風俗嬢は「風俗口コミを見ない」が基本姿勢

近年はインターネットが普及したことで、匿名サイトに悪い風俗口コミを書く人も増えました。しかし悪い風俗口コミをいちいち気にしていたら、風俗嬢は務まりません。もちろん中には自分を褒めてくれる人もいるかもしれませんが、否定的意見ばかりを気にしてしまうのが人の心理です。
風俗嬢としてのモチベーションを保つためにも、風俗口コミは自分から見ないようにしましょう。

悪い風俗口コミを書かれたときの対策方法

悪い風俗口コミは気にしないのが基本姿勢ですが、一度でも目に入ったら、どうしても気になってしまいますよね。また悪い風俗口コミが広がることで、自分の売り上げに影響が出る可能性もあります。そこで悪い風俗口コミを書かれた際は、以下のような対策をとりましょう。

①運営者に削除申請を出す

過度な誹謗中傷を含む風俗口コミは、削除申請で消せる場合があります。もちろん全ての悪い風俗口コミを消せるわけではなく、あくまで運営者が悪質と判断した場合のみです。消せる保証はなくても、一応削除申請を出しておくのがいいでしょう。

②酷い場合は開示請求をする

開示請求とは、他者を誹謗中傷するインターネット利用者の個人情報を、プロバイダーに開示させることです。開示請求で個人情報を得れば、法的手続きをとれます。
ただし開示請求は全ての風俗口コミに対して実施できるわけではなく、裁判所を通じて承認された場合のみです。行き過ぎた誹謗中傷以外は、開示請求ができません。
開示請求をする場合は、弁護士に依頼するのが一般的です。悪い風俗口コミに対する最終手段ではありますが、風俗嬢として稼ぐなら頭に入れておきましょう。

【まとめ】悪い風俗口コミへの対策方法を知っておこう!

風俗嬢としてのモチベーションを保つためには、そもそも匿名の掲示板を見るべきではありません。しかしそれでも、自分への悪い風俗口コミがないかどうか気になってしまう人もいるでしょう。
行き過ぎた悪い風俗口コミには、削除申請や開示請求という手段もあります。全ての風俗口コミに対処できるわけではありませんが、本記事で紹介したような方法があることも覚えておきましょう。

口コミについて
最新情報をチェックしよう!