リスカ跡の隠し方

夜のお仕事したいけど、リスカ跡ってどうやって隠したり消したらいい?

面接を多くしていると、夜のお仕事や風俗のお仕事をしたいけど、リストカットやアームカットの跡があるので不安…という女性も多くいらっしゃいます。結論から言うと、リスカやアムカがあってもキャバクラや風俗で働けます。そこで今回は、上手にリスカ跡を隠す方法を解説します。

リスカ跡を隠す方法1.「塗って隠す」

簡単で手軽に傷跡を隠す方法として、コントロールカラーで下地を作ってコンシーラーで傷を隠すという方法があります。自分に合った色さえ見つかれば100均コスメでも可能ですので、色々試してみるといいでしょう。

傷の範囲が狭く、比較的隠しやすい場合に有効ですが、傷が広い範囲にわたっていたり、傷が新しくて出血がみられる時には避けた方がよいでしょう。

リスカ跡を隠す方法2.「貼って隠す」

リスカ跡やタトゥーを隠すためのファンデーションテープは、少し深めの傷でもうまく隠してくれます。

ファンデーションテープ
https://item.rakuten.co.jp/foundation-tape/

0.02mmという極薄のテープを貼るだけで、約1週間効果が持続。防水効果もしっかりありますので、風俗系のお仕事にも向いていると言えるでしょう。

かなり機能性の高いテープですが、それでも多少は肌の色とは違いが出るもの。その場合、上からコンシーラーを塗ったり、足の場合はストッキングを履くことでさらに自然に見せることが可能です。

リスカ跡を隠す方法3.「スプレーで隠す」

本来は足の色ムラを隠すために使う「エアーストッキング」も場合によっては有効です。スプレータイプとクリームタイプがありますが、どちらも手軽に仕上げることができるのが利点です。

エアーストッキングはとにかく手軽!

コンシーラーやシールではカバーしきれないくらいの広範囲の傷を隠したい方にピッタリのアイテムです。UVカット効果のある商品もありますので、モデルやコンパニオンのお仕事をする際にも良いかもしれません。

まとめ

同じようにリスカ跡・アムカ跡に悩む女性が多いだけに、意外とアイテムも充実しています。リスカ跡やアムカ跡は、意外と男性は気にしないものですが、本人が少しでも気にならなくなるだけで、気持ちよくお仕事できるのなら絶対に対処した方がよいですね!

リスカ跡の隠し方
最新情報をチェックしよう!