風俗面接の服装やメイクは?店のコンセプトやグレードに合わせるのが正解

風俗も通常の仕事と同様で、働く前に面接を受ける必要があります。そこで多くの女性が気になるのが、面接時の服装やメイクではないでしょうか?

一般的な仕事であれば、スーツに地味なメイクでいけば問題ありません。しかし、風俗の面接の場合は少し異なります。

そこで今回は、風俗の面接時に適した女性の服装やメイクについてお伝えしていきます。

風俗は応募後にすぐ面接になる

風俗店への応募は友人などの紹介を除けば、ネットや電話を通じての応募になります。今では電話も減っており、ネットでの応募が大半でしょう。

一般的な仕事は応募後に書類面接があります。その書類面接を通過してはじめて面接になるのが、通常の流れです。

しかし、風俗店の場合は書類選考はありません。応募をすると、すぐに面接に来てくださいとなるのです。

面接は基本的に風俗店か会社の事務所で行われます。もし店舗に行くことに抵抗があるという方は、近くのカフェやファミレスなどでの面接も対応してくれるので相談してみましょう。

風俗の面接に履歴書は必要?

風俗の面接に履歴書が必要かどうかは、お店によって異なります。お店側から指示があれば持参してください。

もし履歴書が必要であっても、一般的な履歴書のように過去の経歴などを詳しく書く必要はありません。お店側は氏名と生年月日、連絡先などがわかれば良く、学歴や職歴などは重視していないからです。

現在の本業などを知られたくなければ、書かなくても問題ありません。プライバシーはあまり探索しないのが風俗店のよいところです。

風俗の面接に適した服装は?

ここでは女性が気になる、風俗面接のときに適した服装につじてお伝えします。

一般的な就活ならスーツ、アルバイトならキレイ目なカジュアルとなりますが、風俗店だと露出度の高い服がいいのか、派手なほうが採用してもらえるのかと悩むかもしれません。

基本的には風俗店のコンセプトやグレードなどに合わせるのがおすすめです。といっても、ドレスを着るお店だからドレスで行くといった話ではありません。

キャバクラなど比較的派手なイメージのお店なら、きれい目カジュアルや少し丈の短いかわいいワンピースで、ソープやヘルスなどなら、少し露出度が高く、体のラインが強調される服装でアピールしてもかまいません。

一方、素人系をウリにしているお店や人妻系、店舗ではなくデリヘルなら、清楚な印象を与える服装がおすすめです。デリヘルの場合、自宅などに出向くことも多く、いかにも風俗嬢と思わしき派手な服や露出度の高い服はお客様から敬遠されてしまいます。

そのため、エレガントな雰囲気のワンピースや今時のトレンドを採り入れた落ち着きのある大人女子ファッションで臨みましょう。

風俗の面接に適したメイクは?

続いて風俗面接時に適したメイクについてお伝えしていきます。

服装と同様に一般的な仕事の面接であれば、迷うことなくナチュラルメイクを誰もが選ぶはずです。しかし風俗の面接時には服装と同じで、お店のコンセプトから、お店側がどんな女性を求めているかを考えて決めてください。

素人系や人妻系、デリヘルの場合はナチュラルメイク、プラスαがおすすめです。ナチュラルメイクだと人によっては暗い印象を与えることや地味すぎる、本来のあなたのきれいさが伝わらないケースがあります。

チークを少し濃くし、パッと華やぎのあるリップを付けましょう。華やぎのあるお店なら、メイクもバッチリして臨んでもかまいません。

そのまま、商材写真を撮ることもあるので、身だしなみはお店にいつでも出られるぞくらいで行ってもかまわないのです。お店によっては、そのまま体験入店もできるためです。

まとめ

今回は風俗の面接時に適した服装やメイクについてお伝えしてきました。一般的な仕事のように、「絶対にこの服装とメイク!」という決まりはありません。

しかし面接時に良い印象を持ってもらうには、お店のコンセプトやグレードに合わせた服装とメイクを選ぶのがおすすめです。

最新情報をチェックしよう!