フェチ

あなたが風俗に求めるものは?魅惑のフェチの世界を堪能しよう!

男性が風俗に求めるものは、人によってさまざまです。単に発射するのが目的だという方もいれば、女性と会話するのが楽しみという方もいるでしょう。

そして中には自分のフェチ(フェティシズム)を満たすために風俗を利用している人もいます。今回は多くの男性が風俗に求めるフェチについてお伝えしていきます。

フェチとは

フェチとは、ある特定の部位や状況に強いこだわりを示すことです。女性のパーツで言えば、おっぱい、お尻などの王道のものから、腋、脚、爪先などマニアックなものまであります。

またパーツだけでなく、コスチュームへのフェチもあります。セーラー服、ブレザー、ルーズソックス、タイトスカートなどが代表的なものでしょう。

そしてあまり人に言えないフェチを持っている人もいます。女性の匂いや唾液、肛門などです。

フェチの代表は「匂い」

フェチって、人には言いにくいものです。それがマイナーだったり、汚かったりすればするほど。その観点から言うと、最右翼のフェチは、匂いのように思います。

例えば、蒸れたブーツ、靴下、パンティ、汗をかいた腋、ウン○のついたお尻など。これらの「匂いを嗅がせて」などと、女性には通常とても言えません。

でも風俗ならそんなことを考える必要はありません。もともと「匂いフェチプレイ」としてサービスを提供しているお店なら、自らが求める匂いを存分に楽しむことができます。

さらには、赤ん坊になっておむつをしてみたい、顔じゅう唾だらけにして舐めてもらいたい、ちんぽがちぎれるほど紐で縛って引っ張ってもらいたい、ウン○を体じゅうに塗りたくってオナニーしたいなどなど、フェチは限りなく存在します。こうしたあなたの欲望をかなえてくれるお店は、きっとあるに違いありません。

おっぱいフェチは尻フェチより進化している?

さて、フェチの代表を3つあげるとすれば、おっぱい、お尻、脚になるのではないでしょうか。

異論はあると思いますが、これら3つはいずれも女性のみが持つものです。そしてどれもが優雅な曲線をまとっています。男が憧れるのも当然と言えます。

そのおっぱいですが、すなわち胸が突き出ているのは、哺乳類のなかでも意外なことに人間だけなのです。

なぜそうなったかは、進化の過程にあります。4足歩行のサルは、発情期がくるとメスのお尻周辺が赤く腫れ、オスはそれを見て興奮します。しかしヒトは2本の足で立ち上がったため、お尻が目の高さから離れてしまったばかりか、体の後ろに回ってしまいました。

そこで、お尻のかわりにメスの特徴を表すものとして、胸を大きく突き出すことによってオスの目を引こうと考えたわけです。

ということは、おっぱいフェチの男性は、お尻フェチの男性より進化しているのかもしれませんね。

まとめ

今回はフェチと風俗についてお伝えしてきました。普段は満たせない欲求も、風俗なら満たせる可能背があります。自分に合った風俗店を探してみましょう。

フェチ
最新情報をチェックしよう!