大阪ミナミ

大阪の風俗が多いエリア、ラブホテルの多い場所ってどこ?エリア別特徴を徹底ガイド

大阪の風俗で遊びたい、そう思っても店舗が看板の出せない今、どのあたりに向かえば良いのかすらわからない!という方も多いのではないでしょうか。特に関西に出張や旅行で来たのに、道頓堀あたりでウロウロして結局よくわからず、という方も多いのでは。今回は大阪の「歓楽街」について解説します。

キタエリアの中心は梅田・兎我野町

オフィス街も多く、関西圏の中心として栄えるキタ・梅田エリア。夜遊びの好きな方からすれば「泉の広場」「兎我野町」というワードがすぐに連想されると思いますが、他にはどのあたりが盛り上がっているのでしょうか。

梅田といえば兎我野町

大阪駅の東側に風俗店とラブホテルの居並ぶ一帯があります。
住所で言えば大阪市北区兎我野町・太融寺町を中心とした地域。ラブホテル、風俗店が密集するエリアです。

梅田駅からは、地下街「うめだホワイティ」を抜けた先、泉の広場から地上に上がってすぐになります。
泉の広場は待ち合わせ型ヘルスや出会い系の一大待ち合わせスポットとして
有名ですが、つい最近フルリニューアルしてちょっとお洒落な飲み屋街になりました。

昔ながらの風俗街、京橋

OBPのふもと、京阪とJRとの乗り換え駅として栄える京橋も、昔から歓楽街として栄えてきました。ネオンにパチンコ、焼肉と昔ながらの盛り場感が強い京橋ですが、現在は決して風俗店が多いエリアとは言えません。
大阪では珍しく、ピンサロが多いのが特徴。
安く遊びたいというオジサンが集まる街、といったところでしょうか。

新大阪は出張客向け

新幹線の停車駅、新大阪はご存知の通り出張客向けのビジネスホテルが多い地域です。その需要を見込んだデリヘルが多く存在するエリアでもありますね。
新大阪のすぐ南、御堂筋線の停車駅である西中島南方はなかなかディープなエリア。外国人系の怪しげなマッサージ店が乱立していますが、
ここ数年摘発ラッシュに見舞われていますのでやや注意が必要です。

ミナミエリアは歓楽街が散在

難波を中心をしたミナミエリアは、少し複雑です。大昔は道頓堀周辺に沢山の店舗型ヘルスがあったようですが、そのほとんどが閉業・移転を強いられて今は様々なエリアに散らばっているのです。

最大規模は日本橋エリア

難波から東にひと駅。日本橋一丁目交差点から北東側のエリアは、一大ホテル街でもあり最大の風俗街でもあります。そのすべてがホテヘル、待ち合わせ型のためWebでお店を探してからいろいろ見て回るとよいでしょう。格安の風俗店が多いのも日本橋エリアの特徴です。

谷九は穴場の風俗街

日本橋からさらに東へ、谷町九丁目は千日前通りをはさんで北側・南側ともにホテルと風俗店が多いエリアです。高級店から激安店、エステ系まで幅広いジャンルの風俗店が集まるエリア。繁華街ではないため身バレもしにくいので女性目線でも働きやすいというメリットもあり、質の高いお店が多いのも特徴です。

難波は2箇所に散在

難波は千日前通りの北側、アメ村の入り口に店舗型風俗店が数件、通りをはさんで南側、難波中エリアにホテルとホテヘルが密集しています。特に南側、難波中エリアのホテヘルは数は少ないもののレベルの高いお店が多いと評判です。アクセスの良さもポイントです。

まとめ

大阪中心部では上記で紹介したエリアがメインですが、天王寺や十三、布施や枚方などまだまだ穴場も存在しています。遊ぶお店を探している男性も、働くお店を探す女性もぜひ参考にしてくださいね。

大阪ミナミ
最新情報をチェックしよう!