アフターコロナの風俗はグループ店圧倒的有利!個人店vsグループ店、同じ風俗でも大きな違い…!

風俗店でお仕事しようと思った時に、グループのお店で働いた方が良いのか、小規模な個人店で働いた方が良いのか迷うこともあるかもしれません。実は個人店とグループ店では、稼ぎやサポート体制に大きな違いがあります。「居心地の良さ」だけでは済まされない、その違いを見ていきましょう。

個人店の方が居心地は良さそう?

飲食店に置き換えて考えると、グループ店より個人店のほうが面倒見もよく、手厚くサポートしてくれそうに思いますよね。実際にそういうお店もあるとは思います。しかしコロナ禍で経費削減を強いられている今、個人店こそぎりぎりの人件費と広告費で店舗を運営しているので、人手が足りなくてキャストのフォローに手が回らない、というのが現状です。

「女の子を守るシステム」は圧倒的にグループ有利

大手グループも人件費削減の動きが多かったと思いますが、それでも個人店と比べると人数的には大きな差があります。

普段から悩みやトラブルを相談できるか、緊急時に駆けつけてくれるか。お仕事を円滑に進めるうえでいちばん重要な部分ですが、アフターコロナのこのご時世、「グループ店でないとしっかりフォローできる人員がいない」のが実情です。

さらに大きいのは、「変なお客さんを寄せ付けないシステム」があるかどうか。グループ店なら全店の顧客管理システムでNG履歴のあるお客さんは事前にブロックするなどして、そもそも緊急事態を未然に防ぐことが可能です。

集客でもやはり違いが

お客様の数、の部分でもグループ店が圧倒的に有利です。コロナショックの影響で、新規のお客様がなかなか訪れにくい状況にあります。その一方で、もともと風俗遊びが好きなお客様は割と普段通り遊びに来てくれています。

ですので最近の「忙しいかそうでないか」は、単純な広告費の問題ではなく、お店やグループについているお客様の数が多いか少ないかが重要になっています。

お客様を「振りあえる」のはグループだけ

風俗店員用語で、お客様を「振る」という言葉があります。ある店舗が忙しくてすぐご案内できるキャストがいない時、系列店にお客様をご紹介することを指します。

今でも札幌や博多などで「まるまる1棟同じグループの風俗店が入っているビル」がありますが、それはグループからすれば来たお客様を、かならずグループのどこかの店舗に「振れる」からなのです。

そういった動きができるのは、グループ店ならではのメリットです。ヒマな時期ほど非常に重要な部分です。

まとめ

コロナショックを経て、今後もっと「体力のあるグループ」と「余裕のない個人店」の差は広がっていくでしょう。ただ、お店のコンセプトやキャスト対応など、グループによって様々な色があります。慎重に比較検討して、自分に合ったお店を選べるといいですね!

最新情報をチェックしよう!