束縛系彼氏でも大丈夫?夜のお仕事を隠し切るテクニック

夜のお仕事の女の子が抱える悩みのひとつが身バレ対策。セクキャバやオナクラ、ヘルスなど風俗系のお仕事は家族や彼氏に理解してもらえるケースはほとんどないと言えるでしょう。今回は「絶対に身バレしないテクニック」として、最大限にセキュリティを高める方法を伝授します!

やっぱりケータイは要注意!

もっとも気を付けないといけないのは携帯電話の設定です。お店とは出勤確認や予約連絡などで頻繁にやりとりしますし、写メ日記やTwitterの更新などでちょっとセクシーな自撮りをすることも多いでしょう。

まずは以下が設定されているかチェック!

  • 携帯の操作ロック(おススメは指紋認証ロック)がかかっているか
  • 自撮りの写メは都度消しているか、隠しフォルダに入れているか
  • お店のLINEや携帯電話の登録名を変えているか

上記3店は基本中の基本ですが、「携帯をチェックするタイプの彼氏」も中にはいるでしょう。個人的にはそういうタイプの彼氏と付き合っても苦労するだけだと思いますが、いったんそこは置いておきましょう。

その場合は「写メ日記を投稿したら写メはすぐ削除」「彼氏といる時間帯はお店LINEをいったんブロック」「ブラウザの履歴はこまめに削除」を行う必要があります。

位置情報も実は要注意…

また、google mapで位置情報をタイムライン表示する方法もあります。知らないうちに彼氏に設定されていた場合、行動履歴が筒抜けになりますので注意が必要です!

Googlemapの設定には注意

また、ちゃんとしたお店であれば「18時以降は絶対連絡しない」や「常にLINEではなくSMSで連絡」など、意外と個人個人の要望を聞いてくれるものです。お店としても遠慮して働きづらくなるよりも、これくらいの手間なら喜んで!というスタンスですので、積極的に相談してみるとよいでしょう。

「匂い」も怪しまれるきっかけに

こっそり夜職のアルバイトをする際には、匂いはかなり気を付けなければいけないでしょう。

お風呂の匂いを消す、普段つけないはずの香水の匂いをどうするか…そのあたりはおそらく誰でも意識するので案外大丈夫。

「居酒屋のバイトをしているはずなのに全然匂いがしない」とか、「マクドナルドで働いているはずが油の匂いがしない」とか、アリバイとのつじつまが合わなくて怪しまれるケースも多いので注意が必要です。

風俗女子あるある、気を付けたい行動

お仕事をこなすうえでクセになっている行動はちょっと厄介かもしれませんね。「そんなのどこで覚えたの?」と言われてフリーズしてしまうと、隠れてアルバイトをしているのではないかと怪しまれてしまいます。

風俗系のアルバイトをしていると、ラブホテルに行くだけでもめちゃくちゃリスクが高くなります。

  • ラブホテルの入り口や電気の場所にやたら詳しい
  • 流れるように足ふきマットを用意する
  • ラブホテルを出る前に迷わずフロント+9番に電話してしまう

なんとか「私は何もしらない乙女です」と振る舞っていたのに、最後にフロントのおばちゃんに「あらー、今日は忙しいの?!」なんて声を掛けられなんかしたら悲劇です。なるべくプライベートでラブホテルに行くのは避けましょう。

LINEのアイコンでパパ活がバレる?!

キャバやガールズバーなどのカンパイ系、そしてパパ活をしている女子にはとある共通点があります。

それはズバリLINEのアイコンと名前。

稼ぐためにお客様とLINE交換が必要になる場合、身バレを防ぐため、ストーカー被害を防ぐためにたいていの女の子はアイコンや名前を変更しています。

特にパパ活女子は「アイコンは自分の顔がわからないもの」「名前はアルファベット1文字、もしくはハートなどの記号のみ」というケースが非常に多いです。

逆に言うと、プライベートでLINE交換した相手に「あっこの子パパ活してるな」と怪しまれる可能性があるわけです。

風俗系はお客様とLINE交換しなくてもしっかり稼げますので、LINEの名前が本名フルネームの女の子も、意外と多いですね。

まとめ

いかがでしょうか。世の中に夜のお店、風俗店は星の数ほどあるように思ってしまいますが、自分に合ったお店、信頼できるスタッフがいるお店は本当に限られています。そんな居心地の良いお店で効率良く稼ぐチャンスを失わないためにも、最大限の身バレ対策はしていきたいですね!