風俗店員になりたいけど、言いづらい過去が…面接では何が聞かれる?

学歴・経歴・年齢不問で一発逆転を目指せるのが風俗スタッフのメリット。前職の辞め方が良くなかったり、借金があったりと色々と経歴にキズがある方も多いかもしれません。面接の際にどんなことを聞かれて、どう答えれば良いのか気になるところではないでしょうか。

経歴のキズも「不問」なのが風俗業界

ほとんどの風俗スタッフの求人広告には「学歴不問」「経歴不問」と書かれていますが、結論から申し上げますと、ほぼ全てが本当です。

中卒でももちろん大丈夫ですし、就業経験がほとんどないとか、経歴に空白があるとかは全く気にしません。

面接では、コレを聞きます。

面接で何を聞かれるかは興味あると思いますが、大体は以下のことがらを中心にお話を進めていきます。

  • 風俗業界で働こうと思った理由
  • その中で、自分たちのグループを選んだ理由
  • 今までの経歴やスキルについて
  • 入社して、今後どうしていきたいか

一般企業と同じような流れではありますが、「風俗業界で、自分たちのグループで活躍できそうな方かどうか」「上を目指して働いていただけそうか」に加えて、「すぐ辞めちゃわないかどうか」を見させていただいています。

人生逆転を、風俗業界で。

「多額の借金を抱えている」「金銭トラブルで探されている」そんなことがきっかけで風俗業界に飛び込む方も多いです。借金が採用の妨げになることがありません、むしろ目標がある方が仕事も頑張れるのではないでしょうか。

男子スタッフも、お店で働く女の子も事情があって風俗業界に飛び込んできているのは百も承知。自分も昔そうでしたが、本当に一文無しの状態から人生逆転を目指してくれるほうが、会社としても頑張り甲斐があると言えるでしょう。

日払いもあり、すぐに入れる寮もあるのが風俗業界ならではの好待遇ポイントですので、活用してもらいたいところです。

マイナス情報は、絶対に伝えたほうがいい

普通の企業面接では言えないような「借金がある」「携帯が止まっている」「トラブルを抱えている」などのマイナス情報は、絶対に面接時に伝えた方が良いでしょう。

会社からすれば、そんなことは「良くあること」ですし、しっかりと活躍してくださる方であれば全面的に協力したいと思っています。

もし会社に迷惑がかかることがあるとすれば、トラブルを隠していて、その対応に追われて急に休みが増えたり、お店に謎の連絡が来るようになったり、といったことでしょうか。

それでお店の運営に支障をきたすようなことになれば、最悪責任を追及しなければいけなくなるかもしれません。

会社は極力味方になりたいと思っていますし、そこそこハードな境遇を抱えていても大丈夫、慣れていますのでご安心くださいね。

それでもダメなパターンは…

採用基準的にはかなり寛容な風俗業界ですが、こんなパターンの方は不採用になることが多いです。

  • 著しく清潔感がない
  • 現在警察に追われている
  • 違法薬物を常用している
  • 他店で勤務、トラブルで退職
  • 身分証明書がない

すべて当たり前のことばかりと思いますが、清潔感については本当に大事です。貧乏でスーツがないとか、髪が伸びているとか手をかければ何とかなる部分は良いのですが、爪を切っていないとか、顔を洗っていないとか、その手の方は残念ですが風俗店のスタッフには向いていません。

まとめ

入った会社が肌に合わなかった、現場仕事をしていたけど身体を壊して内勤の仕事がしたい、借金や離婚などで一度人生をリセットしたい、そんな方も分け隔てなく受け入れていくのが風俗業界。入ってみたら店員も社員もみなパンチの怖い方…なんて時代は数十年前に終わっていますので、未経験の方も安心して飛び込んできていただければと思います!

★ただいま、男子スタッフを積極募集しています!
コロナ禍にも関わらず、業績は好調。独自のコンセプトを強みに出店計画をどんどん推進しています。お店をゼロから作り上げる楽しみを実感できる会社で、自分の可能性を追求してみたいというチャレンジ精神ある方をお待ちしています!

まずは↓のLINE、もしくはTwitterのDMから気軽にお問い合わせください、

【よるばくからのご応募でしたら100%面接させていただきます!】